kayano.net 

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆勝宣言

2005年07月16日(Sat) 21:35:33

どうも、カヤックです。

最近とても悲しいことがありました。
知ってる人もいるかもしれないけど7月11日の午後、
プロレスラーの橋本真也さんが亡くなられました。
40歳でした。

僕は格闘技ファンであってプロレスファンでは無いのですが、
格闘技を見るきっかけになった、橋本対小川の試合は今も鮮明に覚えています。

日本のプロレスは現在、昔の輝きを失っていると言わざるをえない。
だがプロレス衰退の後も、プロレスラー達はそれぞれ自分が輝ける場所を求め様々な道へ進んでいきました。

ある者は今もなお人気の低迷したプロレスのリングに立ち、
ある者は総合格闘技の世界へ足を踏み込む、
またある者は輝きを求めバラエティーの舞台へ。

そんな中、
新たにプロレス団体を設立する道を選んだ男、橋本真也・・・

これは彼が残した言葉である。

「プロレスはショーじゃない、人生がショーなんだよ。」
「ボロボロの姿を見せるのが俺たちの仕事なんだな。人間の春夏秋冬を見せていくのがプロレスなんだから。」
「プロレスラーはプロレスラーなんですよ。他の何にも転向する気もないし。俺は望んでこうなったんだ。」

いかにもプロレスを愛した橋本さんらしい言葉である。
プロレスファンの人以外にはピンとこないかもしれないが、
僕たちはやがて大人になり、就職してゆく。

その時、誇りの持てる職業に出会っているのだろうか・・・
その時、彼の様な言葉を語ることができるだろうか・・・


自分の選んだ道を最後まで信じ、人生を太く、そして短く生きた橋本真也。
彼の死は本当に多くの人々に悲しみをもたらした。


「破壊無くして、創造無し。」


その熱き精神は、僕達の心にいつまでも生き続ける。
さよなら破壊王・・・

ご冥福をお祈りします。




スポンサーサイト
前の記事
STARTING-OVER
次の記事
秋葉系。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://kayarock2001.blog13.fc2.com/tb.php/12-f43299dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。